ウッドデッキに使われる高耐久性木材、樹種。ウリン、イペ、メルバウ-横浜エクステリアProShop

高耐久性木材の樹種、それぞれの耐久性、特徴のご説明。

 樹種名(通称名)  樹種名(別名)  科目 産地  耐用年数  特徴 
ウリン 

ビリアン

アイアンウッド 

クスノキ科  東南アジア 

30年以上の耐久性

 

耐久性抜群、加工性良好。水辺使用時(海水)の耐久性は最強である。

バクテリアの繁殖を抑える天然無害のポリフェノールを、樹液中約14%含むため樹液色があり、これが耐久性抜群の要因でもある。

デッキ材の中では最高級品、樹液色は洗浄可能。 

イペ  パオロペ  ノウゼンカツラ科  ブラジル  30年程の耐久性 

多数の公共工事実績あり。デッキ材として長い歴史を持ち、ウリンに次ぐ良材。

アメリカ、ヨーロッパがメインの市場。

樹液は体質により皮膚障害を起こすこともある。高耐久性木材の中でも高価。 

メルバウ 

太平洋鉄木

クイラー 

マメ科 

東南アジア

ニューギニア 

25年程の耐久性

高耐久性木材の中では一番安価。オーストラリアで主力のデッキ材。

大量のポリフェノールを含むため樹液色あり。施工後ほとんど割れない、曲がらない。形状安定性良い。

 木材2.jpg

ウッドデッキに使われるバツ系木材。セランガンバツ、アマゾンバツなど-横浜エクステリアProShop

バツ系類似木材の樹種、それぞれの耐久性、特徴のご説明。

樹種名(通称名)  樹種名(別名)  科目  産地  耐久年数  特徴 
セランガンバツ 

バンキライ

イエロー・バウラ 

フタバガキ科 

東南アジア

インドネシア 

15年程の耐久性  樹液色が目立たない。公共工事採用実績多数。知名度、割安感があり、ヨーロッパで主力のデッキ材。KD材は品質高いが、AD材は曲がりの問題がある。 
アマゾン・バツ 

イエロー・クマル

イペシャンペーン 

マメ科  南米  20年程の耐久性  バツ系の中では耐久力抜群。樹液色目立たない。KD材は曲がり少ないが、AD材は曲がり問題あり。セランガンバツの見た目類似している。 
クルイン・バツ  クルイン・アピトン  フタバガキ科  東南アジア  13年程の耐久性 

樹液色多少あり。トラックボディー材としての実績は既に有名。バツ材の中でも比較的安価。

カポール・バツ  カンファー・ウッド  フタバガキ科  東南アジア  12年程の耐久性  樹液色目立たない。セランガンバツに代わる新たなデッキ材として、ヨーロッパでは注目されている。バツ材の中でも比較的安価。 
ゴールデン・バツ 

ケランジ、カリエン

ユーラシアンチーク 

マメ科  東南アジア  20年程の耐久性  光沢のある美しいチークを想わせる木目。希少木、割れにくい、曲がりにくい。既にデッキ材としてオーストラリアで使用されている。樹液色は薄い。 
クマル 

イペグランデ

レッド・クマル 

マメ科  南米  20年程の耐久性  バツ系木材の中では耐久性抜群。KD材は曲がり少ないが、AD材は曲がり注意必要。また、見た目が高耐久木材のイペに似ていることから、イペと偽って販売する業者もあるようなので注意が必要。 

ウッドデッキに使われるジャラ系木材、樹種。ブラジリアンジャラなど-横浜エクステリアProShop

ジャラ系木材の樹種、それぞれの耐久性、特徴のご説明。

 樹種名(通称名)  樹種名(別名)  科目 産地  耐用年数  特徴 
ブラジリアン・ジャラ 

アマゾンジャラ、マララン、デューバ 

アカテツ科  南米 

20年程の耐久性

 

光沢のあるサクラ色の美しさ。樹液色多少あり。KD材は曲がり割れ少ない、AD材は割れねじれがでること多い。 

ゴールデン・ジャラ  カンドー、レマニルカラ  アカテツ科  東南アジア  25年程の耐久性 

光沢のあるオレンジ色。樹液色は薄い。ジャラ系の中では比較的安価。 

カリマンダン・ジャラ 

ジャンプジャンプ、ノーザンボックス、トリスタニア 

フトモモ科 

東南アジア

20程の耐久性

割れにくく、樹液色は薄い。オーストラリア・ジャラと同じ樹種であり、アマゾンジャラと外見は同じである。竹のように粘りがあり、多少の曲がりでも施工時に修正できるメリットがある。 

 

用語の説明・・・Q.特徴のところに出でくる、KD材、AD材って何?

A.木材の乾燥のやり方の違い。木材は寸法安定性能を向上させるため、乾燥の必要があります。

天然乾燥=AD材

屋外や屋内など自然の気象条件下で木材を徐々に乾燥させる方法です。乾燥の際、材質変化を起こす恐れはありませんが、乾燥期間や乾燥度合いは気象条件に左右されます。

 

人工乾燥=KD材

人工的に湿度、温度、風速の調整を行いながら木材を一定の含水率(木材の水分の割合)まで乾燥させる方法で、現在の主流です。

 

また、乾燥させる前の木材はグリーン材(G材)と表記されていることもあります。

 

▲このページのトップに戻る