メーカーが生産する人工木と天然木、植林木を比較検討する-横浜エクステリアProShop

人工木、天然木、植林木を簡単に説明すると

人工木・・・メーカーなどが生産する、木粉とプラスチックなどで造られた木材

天然木・・・長年の歳月をかけて自然に育った木を伐採して製材した木材

植林木・・・林業などで計画的に育てられた木を伐採して製材した木材

  人工木  天然木  植林木 
耐久性 

メーカーカタログには耐用年数の明記ないが、かなりの強度である。

熱による伸縮、白蟻に強い。 

10〜30年以上。

高耐久木材は白蟻、腐朽に強い。 

6〜7年。

防腐注入材10年位。 

色調 

色バリエーションがある。

経年変化で色あせする。 

1〜5色あり、経年変化でシルバー色に変化する。 

ほとんど一定色。

節が多い。 

燃焼却  製品により、有毒ガス発生(プッラスチック、接着剤燃焼時)  焼却時のみ CO2発生  同左 
製造エネルギー消費 躯体にアルミ使用の場合は、アルミ製造に大量の電力を要する。床原料のプラスチック及び接着剤製造にも、大量のエネルギーを消費する。    太陽エネルギーのみ 
リサイクル  リサイクル可能。ただし回収再生の経路が未整備。オガ屑、端材処理難しい。  紙、チップ、バイオ、燃料、パーティクルなどリサイクル多岐にわたる。オガ屑も多用途あり。  同左 
施工後感度  製品により表面硬度が大きく疲れやすいものあり。足音が大きい。  表面弾力性あり。  同左 
風鳴り  鋼製束を使用して根太アルミの製品は強風時に風鳴りする。  風鳴りなし。  同左 
伸縮度、夏季に滞熱  製品により最大5mmの伸縮、最盛期は表面温度が60℃になるものもある。  ほとんど伸縮なし。熱伝導などが小  同左 
施工性  キット製品で比較的容易。ただし汎用性に欠ける。  現場サイズに合わせた施工ができる。ただし硬質木は切断ビス打ち技術必要。  現場サイズに合わせた施工ができる。切断性良 
構造  中空構造のため中空へ入った水が抜けないと、含有の木粉が膨張して劣化の原因になる。  水による変化は少ないが、材質により割れ、ネジレが生じる。  同左 
供給  工場生産のため大量供給可能。今後さらに中国、台湾の生産が多くなる。  供給量少ない。貴重木は銘木の部類に属する。  供給多い。 
品質 

製品により品質差が大きいので選定に注意する。

大面積施工は差が特に出やすいので注意。 

同じ樹種でも原木が1本1本違うので、木材の欠点(節、曲がり、ネジレ)は、どうしても多少でてくる。  同左 
将来性  大量供給が可能。輸入品がたくさんでてきて、価格はかなり下がる。  生産地の資源問題で、供給が減って価格上昇する。資産価値が上がる可能性あり。  供給、価格は安定的。 
材質  森林保護、環境保全の問題で今後は使用が増える。使用成分の確認が必要。規格が統一されているので施工性は良い。  吸湿性や調湿性もあり長期にわたる満足感。自然の恩恵で癒しの空間が得られる。材質は硬いので、加工性に難がある。  材質柔らかいので、DIYに向いている。針葉樹は水に弱い。 
注意点  経年変化の実績が少ないので、今後の観察が必要。  湿気、海水の多い場所はウリン材など高耐久木材がおすすめ。また土中埋め込みも同じ。 

小径木、芯持材が多いので割れ曲がり生ずる。 

木材3.jpg

▲このページのトップに戻る