アーティスティックな光と緑の楽園が誕生、5m段差活用のガレージルーフデッキ|八王子市S様邸

hatioji001.JPG

太陽の光を拡散する半透明のポリカーポネート屋根、なんだか不思議な明るさです。

「これっ!どこかで見たような光だわ」当社デザイナーが思い出したのは、なんとあのルーヴル美術館のホール。

すてきな光の下で時間が過ぎるのを忘れて、ただ上を眺めていました。

 

5mの高低差を利用した2段階ガレージデッキ&ガレージルーフ。

未活用空間が便利に、そして威風堂々としたたたずまいに変身しました。

 hatioji002.JPG   hatioji003-1.JPG

 駐車場と敷地の高低差は5m

 

hatioji004.JPG

玄関ドアを開けるとタイルポーチからつながる広々ウッドデッキ

hatioji005-1.JPG
工事前は狭いし、手すり1本で危なくて。

                                             子供を遊ばせるのも危険と、途方にくれてました。

hatioji006.JPG   hatioji007-1.JPG

 

 

hatioji008.JPGhatioji010-1.JPG

 

hatioji011.JPGhatioji009-1.JPG 

 

 

hatioji012-1.JPG

 

となりは緑豊かな大きな公園、遊歩道で散歩する方からも注目の的になっています。 

hatioji016.JPGhatioji014.JPG

 

 たてルーバータイプの高めの手すりなら、見る角度によってブラインド効果でプライバシーもばっちりです。

hatioji015.JPG

▲このページのトップに戻る